2021年2月25日木曜日

YADOLLAH

きのう、最終公判が土浦裁判所で行われました。
記者2人と傍聴者17人が入廷しました。

弁護士の説明では、
・かれは4年以上も長期収容されていた。
・18回の仮放免許可申請が理由もなしに許可されなかった。 
・かれは内部の勤務医からひどいことを言われた。
・かれはストレスのため精神的に衰弱しきっていた。
などの理由により、情状酌量を期待する。

検察官の説明では、
・かれは以前に刑事事件を起こしている。
・機器汚損等の被害が大きい。
・かれは再犯可能性が高い。
などの理由により、懲役1年を求刑する。

本人の話
・ストレスがいっぱいで、どうしたらいいのか考えられなかった。
・関係者のかたたちにご迷惑をかけて申し訳ない。
・自分の犯した罪がショックで夜も眠れない。
・前科のある立場もわかっている。
・普通の生活がしたい。

本日で結審となりました。
判決は3月19日となりました。

どうかかれが良い結果となりますように!
(Francis)

2021年2月4日木曜日

YADOLLAH

 きのう、土浦地方裁判所にいきました。
YADOLLAH(IRAN)さんの裁判がありました。
報道人や関係者がたくさんいましたので、一般の傍聴者は抽選となりました。
9人だけえらばれました。
こんかいは、結審(最終判決)となりませんでした。
また、次回に裁判がおこなわれます。

かれは仮放免の許可がなんかいもだめになりハンガーストライキをしていました。
かれは精神的におかしくなりました。
かれは自分の糞尿をビニールふくろにいれて医務室にまきちらしましたので、
建物や器物の損壊で、入管から訴えられています。

「牛久入管収容所問題を考える会」の田中代表が情状証人でした。
彼女はそのような行動をおこした背景や状況を説明しました。
わたしたちは、かれが情状酌量され、無罪となることを願っています。
(Francis)

2020年12月10日木曜日

XAYPHEANGCY

かれからの手紙の内容を紹介します。

かれの国籍はラオスです。
かれは難民認定され、結婚して16歳の娘がいます。
しかし、かれは犯罪を犯し、刑務所で2年ほどすごしました。 
その後、かれは東日本入国管理センターに収容されました。

かれは長期収容(1年半)されていたので病気になりました。
摂食障害・手足のシビレと腫れ・頭痛・睡眠障害・目の痛み
かれはこれらの症状改善のための薬をもらいました。
しかし、急にすべての薬がストップしました。
かれはフラフラになり自殺やハンガーストライキを考えました。

いつも、
かれは湿布薬と目薬を使用していましたが、何もなくなりました。
かれの手足はひどく腫れ強い痛みがありました。
かれは頭痛のために睡眠できませんでした。
そのため、かれは自殺を考え実行しました。
かれは早朝(4時12分)にトイレのドアに紐をくくり、
かれはバケツの上にのって首に紐をしばりました。
ちょうどそのとき、担当職員がきて未遂となりました。
その後、かれは懲罰房に拘束されました。
担当職員は落ち込んでいるかれをいじめました。

「このような人生は生きたくない。わたしは死にたい。
あなたにはわかりますか?わたしは死にたいだけだよ!」
これは、かれの手紙のしめくくりです。

兄弟姉妹の皆様!
どうかかれのために祈ってください。
(Francis)



2020年10月27日火曜日

JALEL

かれはチュニジア人です。
かれはだいぶ前に暴力事件をおこしてつかまりました。
かれは東日本入国管理センター(牛久入管)に収容されました。
わたしたちはそこで始めてかれと面会しました。
かれはだれにでも好かれるあかるく楽しい人です。

コロナ禍の前
 牛久入管の収容状態はひどいものでした。
およそ20㎡の部屋に4から5人収容されていました。
国籍・言語・宗教・習慣はそれぞれ違います。
共通言語は日本語です。

かれの食事はヨーロッパスタイルでした。
しかし、同室のアジア人の音を出す食事にかれはうんざりしました。
かれは何度もお願いしましたが聞き入れられませんでした。
ある夜、かれはアジア人をなぐりました。

かれは警察につかまりました。
かれは土浦拘置所に8ヶ月収容されました。
裁判の結果、かれは残りの3ヶ月を水戸刑務所ですごしました。
今かれは東京入国管理センター(品川入管)に移送されました。
わたしはかれから預かった荷物をすこし戻しました。
(Francis)


2020年10月18日日曜日

MOHSEN

 すでに1ヶ月以上前ですが
かれは近くのスーパーマーケットの駐車場を歩いていました。
そこでかれは60歳以上の女性が運転する車にはねられました。
かれは救急病院のなかで意識がもどりました。
レントゲンやMRI検査で大きな問題はありませんでした。
かれは頭脳に衝撃を受けていますので、
かれは将来に不安を感じています。

かれはときどき頭や足が痛くなります。
かれは近くのセントラル病院で検査をしています。
病院での検査費やタクシー代で大きなお金が必要です。
あいての車の自賠責保険からすこし補填されます。
彼女に夫や子供はいません。
彼女は貧しい暮らしをしています。

かれは自分の苦しみよりも彼女に負担にならないように考えています。
かれは敬虔なイスラム教徒です。
そして、かれにはキリスト教の”愛の精神”があります。
わたしはとても感動しました。
(Francis)

2020年8月3日月曜日

MOHSEN

これはかれが飲んでいる薬です。
ほとんどが痛み止め(モルヒネ)です。
(Francis)

MOHSEN

かれはイラン人永住者で生活保護をうけています。
かれは2級身体障害者です。
かれは耳下腺ガンと聴覚過敏症、ヘルニア、口腔内の病気があります。
そして、かれは前立腺ガン(ステージ4)です。

かれの自己紹介をごらんください。



(Francis)

2020年7月26日日曜日